書留・特定記録郵便物等受領証の画像+何度もの予告
  (2017年11月25日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年2月17日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年7月21日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年9月15日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年11月14日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2019年1月22日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2019年2月16日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
 
ひび割れガラス球照明技術
 
ひび割れガラス球照明技術の特許証
 
 
 
 
特許発明の照明の試作品の写真
 
 
 
心の美しい民族 全国の・・・応援している
 
 
ひび割れガラス球照明技術に関する詳細
ひび割れガラス球照明技術の要約
ひび割れガラス球照明技術
ひび割れガラス球照明技術(目次)
English version
 
膨大な商品や施設に利用できるこの発明が世界的に普及すれば年に何千億円、・・・もの利益を生むかも?
 
 を商品化する企業を求む
 を仲介する企業や人を求む
 英語が堪能で行動力のあるビジネスパートナーを求む
 発明(知的所有権)を世界的に仲介する企業を求む
 知的財産権(知的所有権)が巨大な富を生む時代 
 新聞記事などに、
 
「工業文明の時代は過ぎた。これからの知識文明の時代には、財産は金を握る人から知恵の有る人の手に移る!」「今や、巨大な富を生み出すのはアイデアや知識などの知的財産権だ!
 
 との文言が有りました。

 
 この技術は、少なくとも四紙の新聞記事(無料)になった上に、米国をはじめ世界の様々な国の様々な業界の人々が見て驚き賞賛し、次々とメール(通算500通位)で接触してきた技術です。
 
 この技術は非常に美しい上に、小は装身具、インテリア小物、家電製品、家具、工芸品などから、大は店舗装飾、電光表示装置、電飾看板、舞台装飾、建築物、大規模な遊園地などまで膨大な商品や施設へ応用でき、この技術によって地球規模の新たな巨大な市場が生まれます。
 
 また、この技術は大量生産の商品から、芸術的なものまで様々に応用でき、夢のような美しさをも創造できまます。

 
 
「ひび割れガラス球照明技術」の利用例
照明
イルミネーション
照明器具
電気スタンド
シャンデリア
電飾看板
電光表示装置
ネオンサイン
クリスマスツリー
電気製品
扇風機
ラジオ
ステレオ
カラオケ
ミュージックボックス
電話機
時計
アクセサリー
家具
テーブル
飾り窓
玩具
ゲーム機
趣味
ファンシー
ギフト
ノベルティー
観光土産
記念品
展示
額縁
写真立て
メニュー立て
オルゴール
装飾
自動販売機
インテリア
ディスプレー
ショーケース
ショーウインドー
ステージ
テレビスタジオ
ホテル
店舗装飾
劇場
結婚式場
娯楽場
ゲームセンター
遊園地
テーマパーク
公共施設
ディスコ
喫茶店
スナック
ナイトクラブ
バー
キャバレー
レストラン
建築物
乗り物
自動車
トラック
祭りの山車
映写装置
様々な装飾
工芸品
芸術
 ・・・・・・・・・・
その他にも様々な商品や施設への利用が考えられます。
この発明(知的所有権)により見込めるメリット
新たな巨大な市場を得られ、その市場を独占できる。
メーカーが市場を支配して、需給や価格をコントロールできる。
市場の独占と高付加価値により製品を高価格で販売できる。
この技術を付加して既存の製品の付加価値を飛躍的に高められる。
社名を世界的に広めて新たな世界企業に成れる。
 
 
世界的な競争の時代には知的所有権が不可欠
 
 
 企業が世界的な競争に晒される時代となり、国内に限らず世界の何処でも、一番コスト的に有利な所で商品を生産しなくては、厳しい生存競争に生き残れない時代になりました。
 
 このような時代ですので、知的所有権で市場を独占して、安定的に収益を挙げられるような新商品を得て、経営の安定を図りたいと、新規の市場へ独占的に参入ができるような、新技術を探している企業も多いことと思います。
 
 知的所有権による独占が無い新商品では、その商品が売れることが分かれば、必ず、あちらからも、こちらからもと類似した商品が売り出され、そうなれば、労多くして益少なしという結果になる可能性が高いと思います。
 
 それでは、新商品を最初に売り出した企業が、無料で、その商品の技術開発や市場調査や宣伝をしてやったことになり、骨折り損のくたびれ儲けということにも成りかねないと思います。
 
 新商品が売れることが分かれば、資本力に勝る企業が、海外に持つ生産拠点(自社/外注)を使って、それに類似する商品を生産して参入し、更に、中進国や発展途上国の企業も参入すれば、市場での競争に生き残って利益を挙げられるのは、低コストで商品を生産できる企業だけ、ということにも成りかねないと思います。
 
 また、他の業者が参入するのを知的所有権で阻止できない商品では、相当に高度な技術を要する商品でも、見本となる商品の構造や仕組みを丹念に調べて模倣すれば、中進国や発展途上国でも製造可能であり、日本との人件費や諸物価の差から、市場での競争の結果は明らかだと思います。
 
 実際に、インターネットを使ってアジアの製造業者を探してみますと、既に台湾、中国などで日用雑貨や軽工業品は元より、パソコン、半導体、レーザー、電子部品、家電製品、自動車部品、航空機部品、原子力関連部品などほとんどのものが製造されてい、米国や日本でなければ技術的に製造できないものは少ないように思えます。
 
 その為か、米国では、全産業に占める製造業の比率は年々低下し、現在では製造業よりサービス産業が大きな比率を占め、米国内で商品を製造するよりは、アジアの諸国などで商品を仕入れ、それを米国内で販売する業者(サービス産業)が増加していると思います。
 
 また、インドなども探してみますと、中国に次いで人口が多いこともあって多くの業者が存在し、東アジアや東南アジアでの製造がコスト的に不利になったものは、インド、パキスタンなどの西アジアに順次移行していき、今後、ますます世界規模での水平分業化が進むのではと思います。
 
 これからの時代は、先進国の企業が、人件費や諸物価の安い中進国や発展途上国の企業と、市場で商品の安さを競う時代ではなく、様々な知的な価値を加えた商品で、商品としての知的レベルの高さを競う時代だと思います。
 

 
 大企業が手を出さない様な隙間産業的な商品を製造販売して、数億円、数十億円程度の年間経常利益を挙げている中小企業は日本に沢山有り、更に、ゲーム機械メーカーのように数百億円の年間経常利益を挙げている企業も有りますが、その利益は、その市場に大企業が手を出さないことや、未だに東アジアや東南アジアの企業が、その市場に目を付けていないからこその、危うい利益だと思います。
 
 家庭用ゲーム機の市場を例にとると、市場規模が大きくなった為に、大手の電気メーカーが参入し、その結果、それまで我が世の春を謳歌していた?元々の家庭用ゲーム機メーカーのシェアが低下したり、業績が大幅に落ち込んだりしましたが、それは、知的所有権による独占が無い市場には、必ず競争の原理が働くということだと思います。
 
 上記の家庭用ゲーム機ほど市場規模が大きくなくても、コスト競争力に勝る東アジアや東南アジアの企業が、その市場に目を付ければ、日本の企業がいつまで安泰でいられるか分からないような市場が沢山有ると思います。
 
 上記のようなことから、資本力に勝る大企業や、コスト競争力に勝る東アジアや東南アジアの企業が、その市場に参入すのを阻止できる知的所有権による独占がない限り、資本力の無い企業に大きな発展は望めないと思います。

 
この技術を使って世界で一番に
 
 
GE(ゼネラル エレクトリック)を世界最強の企業に押し上げたGEの会長は、世界で一番か二番に成れない事業は整理する“No.1、No.2戦略”で大きな成果を上げました。
 
 その言では「世界でNo.1、No.2であれば市場を支配でき、製品を高く売ることも出来るが、No.5、No.6では、No.1、No.2がクシャミをすればNo.5、No.6は肺炎になり、市場を支配しているNo.1、No.2に虐められるだけである」とのことです。
 
 GEは、世界の最先端を行く技術、ライバル企業を追い抜くビジネスでのスピード、莫大な企業財産などの裏付けが有って、多くの世界企業が経営の模範とするような企業に成りました。
 
 しかし、大多数の企業には、GEのような力は無く、多くの世界企業と競争して、世界でNo.1、No.2に成るのは難しいと思います。
 
 市場に参入しても、スケールメリットが見込めない為に大企業が手を出さない様な、市場規模の小さい隙間産業的な商品であれば、他社が真似できない技術を持っていれば、世界でNo.1、No.2に成り得ますが、得られる利益や成長には限りが有ると思います。
 
 しかし、この技術を有効に使えば、大企業のような力が無くても、新たな大きな市場を得られ、その市場を一社だけで支配し、No.2以下の存在しない市場で世界でNo.1の企業に成り、大きな利益を得て急成長することも可能だと思います。

 
 
 
Top