このようなページを制作しましたが、残念ながら、寄付は全く無かったです。
 2015年3月31日に確認しましたが、間違いなく、寄付は全く無かったです。
 寄付金を振り込んだと言う方がいたら、警察に相談する事を大いに歓迎します。
 
 
徒労に終わった
執拗な「人を使った付きまとい」と「脅迫
 

 
 私の車に仕掛けられている「GPS発信機」の、「GPS受信機」は、私が車に設置した「携帯電話妨害機」で、「GPS衛星」の電波を受信できていないと推測できますが、「GPS発信機」の「携帯電話」の部分は、私が車に設置した「携帯電話妨害機」の、妨害電波と異なる周波数の「携帯電話」を使っているようで、「GPS発信機」の「携帯電話」は妨害できていないようです。
 
 私が使っている「携帯電話妨害機」は、三つの周波数帯の妨害電波しか発しませんが、携帯電話に使われている周波数帯には、さまざまな周波数帯があり、意図的に異なる周波数帯の携帯電話を使っているのでは。
 
 その為に、「GPS発信機」の「携帯電話」の部分は機能していて、GPSによる正確な車の位置を監視できなくても、どの携帯電話の基地局のエリア内に、私の車がいるか監視できてい、後は、これまでも執拗に、私の行動を監視し続けてきて、私の行動パターンを熟知している、爺の経験と感を元に、異常なまでに執拗な爺は、「金で釣った膨大な人々」を使って、私の車や、私自身を探し出させ、執拗に「たわいもない」、「けち臭い」付きまといをさせ続けています。
 
 「GPS発信機」とセットで販売されているパソコンソフトには、パソコン画面に、GPSによる地図上の「GPS発信機」の位置を、リアルタイムで表示できるだけでなく、GPSが機能していなくても、パソコン画面に、地図上の、「GPS発信機」の「携帯電話」の部分が通信している、「携帯電話の基地局」の位置を、更には、地図上の「携帯電話の基地局」のエリアを、リアルタイムで表示できる機能が有るのではと推測されます。
 
 「GPS発信機」とセットで販売されているパソコンソフトに、上記のような機能が有れば、後は、これまでも執拗に、私の行動を監視し続けてきて、私の行動パターンを熟知している、爺の経験と感を元に、「金で釣った膨大な人々」を使って、上記により絞られたエリア内から、私の車や、私自身を探し出さるのは容易だと思います。
 
 「金で釣った膨大な人々」を使い、毎日、何人、何十人という人を使い、私の車や、私自身を探し出させ、執拗に「たわいもない」、「けち臭い」付きまといをさせ続けてい、毎日のように、何万、何十万円、日によっては、50万、100万円近く使っているかも知れません。
 
 一人が一回限りの「臨時雇用?」とは限らず、通算して、何十回、何百回と協力している「正規雇用?」の人も大勢います。
 
 そのような、「正規雇用?」の人々の中には、「小金?も積もれば山となる」で、相当な大金、「一財産」稼いだ人もいるのでは。
 
 私が、母を車に乗せて早朝ドライブをしていた頃から、常に、周りに現れ続け、最近まで、私の早朝散歩の周りに現れていた、競輪選手のような格好で、ロードバイクに乗った、「爺の自転車乗り」などは、延べで、1000回以上も協力したのではと思いますが、去年の秋頃から、パッタリと姿を消しました。
 
 定年を、とうに過ぎたような、「爺の自転車乗り」でしたので、毎回、早朝でもあり、これが、定年退職後の、「専業の仕事」だったのでは。
 
 長期雇用?ですので、一回当りの報酬は比較的安かったかも知れませんが、車が、引っ切り無しに、60キロ、70キロで走っている国道一号線などの車道を、平気でロードバイク(自転車)で走っていましたので、危険に見合った、それなりの報酬を貰わないと割に合わず、延べで、少なくとも一千万円以上稼いだのでは。
 
 私が、よく早朝散歩をしている、私が住む住宅街の南方に広がる畑作地帯に、ある時から、突然、現れるようになった中年女のジョギングのランナーも、私が、爺に雇われたアルバイトのランナーだと気付いて、私が、あえて、避けるように、避けるように、散歩の進路を変えているのに、執拗に私の周りに現れ続け、延べで、500回位協力したのではと思いますが、去年の秋頃から、パッタリと姿を消しました。
 
 その中年女のジョギングのランナーも、長期雇用?ですので、一回当りの報酬は、比較的安かったかも知れませんが、早朝であり、それなりの報酬を貰わないと割に合わず、延べで、少なくとも五百万円以上稼いだのでは。
 
 上記の他にも、長期雇用?の人の中には、「小金?も積もれば山となる」で、数百万円の金を稼いだ人が何人もいるのでは。
 
 長期雇用?でなくても、懲戒解雇などの危険の有る「大仕事」をした人の中には、短い期間で、数百万円の金を稼いだ人がいるのでは。
 
 複数の職種の公務員が、爺に金を貰って協力したかも知れません。
 
 延べ人数で言ったら、今までに、1万人を超える人を、爺は使っているかも知れませんので、それらの人々に、直接ばら撒いた金だけでも、数億円に上るかも知れません。
 
 報酬として、50万円も、100万円も、あるいは、それ以上も渡さないと、このような事は引き受けないのではと思います。
 
 過去に、男が、金融機関に勤める女を騙して、騙した女を使って、金融機関から間接的に、巨額の金を盗み取った有名な事件が、幾つもありましたが、ひょつとしたら、それらの事件に近い額かも知れません。
 
 一見異なるように見えても、前記のような有名な事件と、本質的には同じような犯行では。
 

 
 最近の例では、
 
 豊川市の三河臨海緑地を中心にして、自転車で無駄走りした際には、
 
 その、一週間ほど前に、車で下見がてら散歩に行った(既に、この時に、爺に雇われたアルバイトが何人も現れていました)事の有る、三河臨海緑地の駐車場に、平日の早朝に到着し、私が車で駐車場に、ゆっくりと入って行くと、その段階で、既に、駐車していた車が有り、その車の中から、男が、私を確認するように見ていましたので、爺に雇われたアルバイトだと判断して、駐車場の、その車から三区画離れた、別の区画に駐車しました。
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の南端に在る湾岸沿いの細長い公園に、私が自転車で到着したら、平日にも係わらず、既に、公園の駐車場と道路に、それぞれ、一台ずつ車が駐車していて、車の中から男が、何をするでもなく、私の方を見ていました。
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の西端の道路の歩道を北進し、中ほどの湾岸に行くと、その手前の道路脇に、白い軽トラが駐車していて、車の中から、男が、何をするでもなく、私の方を見ていました。
 
 上記から、三河臨海緑地の駐車場に戻る途上では、何人かの黒ずくめの、自転車に乗った男性とすれ違いました。
 
 三河臨海緑地の中を自転車で見て回っている際にも、爺に雇われたアルバイトの「エキストラ」と思われる人を、何人か見ました。
 
 三河臨海緑地から出て、他を走ろうと、を渡って行ったら、橋の先の道路脇に、青色の三菱デリカが停まっていて、運転席に座った男が、ルームミラーで私の方を見ていました。
 
 その男は、爺に雇われたアルバイトで、爺の毎度のメッセージで、
 
 「青色=見ず」、「デリカ=出るか」だと思いました。
 
 三河臨海緑地から出て、堤防の上を走っていたら、ピッタリのタイミングで、前方の橋から、左折で、「紅葉マーク」の付いた、灰色の乗用車に乗った老男性が、堤防の上に入ってきましたが、堤防の上の片側は、車止めの無い急斜面であり、車が通るような所ではなく、爺に雇われたアルバイトだと思いました。
 
 三河臨海緑地の外を走り回って、三河臨海緑地の車を置いた駐車場に戻ろうとしたら、「日本列島」と駐車場の間に架かる橋の上で、白い服装の若い女が、私の方を向いて、カメラで盛んに写真を撮ったので、駐車場に戻るのを止めて、しばらく、三河臨海緑地の「日本列島」を自転車で見て回りました。
 
 白い服装の若い女は、爺に雇われたアルバイトで、爺の毎度のメッセージで、
 
 「白=しろ」、「写真=射しん=やれ」だと思いました。
 
 しばらく、三河臨海緑地の「日本列島」を自転車で見て回った後、駐車場に戻り、車に乗って駐車場を出ようとしたら、ピッタリのタイミングで、黒色の「フォード・エクスプローラ」が駐車場に入って来、私が駐車場を出て、工場地帯の東側を、南北に延びる道路に出ようとしたら、北側の湾岸で行き止まりの、その道路に、白色と黒色、赤色の三台の「ランドローバー・ディスカバリー」が、縦一列に並んで停まってい、車の周りに黒い服装の男が、10人ほど立っていて、立ち話をしていました。
 
 縦に並んで停まっていた車の順番は、前から、白色、黒色、赤色だったように思います。
 
 豊橋バイパスへの連絡道路を経て、豊橋バイパスに入り、少ししてからルームミラーで後方を見たら、前記の三台の「ランドローバー・ディスカバリー」が、赤色の車を先頭にして、私の車の後ろにピッタリと付いて来てい、その後、豊橋バイパスのインターから出て行きました。
 
 前記の4台の外車は、爺に雇われたアルバイトで、爺の毎度のメッセージで、
 
 「白色=しろ」、「黒=闇」、「赤色=血」だと思いました。
 
 「ランドローバー・ディスカバリー」のモデル名のメッセージは、
 
 「ディスカバリー=デス=死」だと思いました。
 
 外車と黒色の服装は、「裏社会の人間」だと思いました。
 
 「4WD」は、「4=死」、「W=ダブル=母と私」、「D=デス=死」だと思いました。
 
 上記全体として、爺のメッセージとしては、「やったら、裏社会の人間を金で雇って、母と同じように殺すぞ」、という脅迫だと思います。
 
 爺は、これまでも、何度と無く、暗に、「殺すぞ」と脅迫し続けてきているので、そのように解釈しました。
 
 過去に、私が車や自転車で走る道路を先読みして、私が通るであろう道路に、「猫の屍骸」を何度も置いたのも、「殺すぞ」という脅迫かも知れません。
 
 爺は、「たわいもない」、「けち臭い」付きまといの為に、この日だけで何人の人を雇い、幾ら使ったのだろうか。
 
 前記の4台の外車は、いずれも、最新のモデルか、それに近い新しい車であり、オーナー以外の乗員の日当も加えると、相当な報酬を支払ったのでは。
 
 下記の、2015年1月31日(土曜日)の、白谷海浜公園を中心にした、自転車で無駄走りの際の、爺による、大勢の人を使った、「たわいもない」、「けち臭い」付きまといといい、毎日、毎日、どれだけの人を雇い、どれだけの金を使っているのだろうか。
 

 
 本日(1月31日)の「自転車で無駄走り」には、爺に雇われた、10人以上ものアルバイトと思える「エキストラ」が、さまざまな所で次々と現れました。
 
 自転車を車に積んで、未だ暗い、早朝の6時15分頃に自宅を出発し、自宅の門を出ると、直ぐ先に在る「神社の横の集会所」の前に、ホンダのシルバーメタリックのワゴン車(5ナンバーサイズ)が駐車していて、これ見よがしに、車の「スモールランプ」を点灯して、運転席から男が、「私の出発」を見張ってい、県道へ出る交差点でも、ホンダの黒色のワゴン車(3ナンバーサイズ)が、「ピッタリのタイミング」で、これ見よがしに、私が県道へ出ようとしている市道に、右折で入って来ようとしました。
 
 それらの車が、爺に雇われたアルバイトの「エキストラ」である事は、私の目には明らかでした。
 
 爺は、常々、車のメーカー名をメッセージとして使ってい、ホンダは「本当だ」と言うメッセージです。
 
 渥美半島の田原市の「
白谷海浜公園」に着き、その少し東に在る、「姫島漁港周辺」を自転車で走り始めると、早くも、何ヶ所かの道路脇に、車を、数台駐車させて、運転席から男が、「私が自転車で走る姿」を監視していました。
 
 姫島漁港の東に在るメガソーラーと、その北側に広がる荒れ地の間を通った時に、道路の南側に車を停めて、男が、道路上に三脚を立てて、カメラで荒地の方向を撮る素振りをしていましたが、野鳥を撮るような場所ではなく、爺に雇われたアルバイトで、
 
 毎度の、「写真=射しん=やれ」だと思いました。
 
 「白谷海浜公園」から伊良湖岬方向に向かう途上帰りも、さまざまな所で、爺に雇われたアルバイトの「エキストラ」の車やオートバイ、自転車などが次々と現れました。
 
 国道(田原街道)に沿って、三河湾の湾岸を延びている脇道を、自転車で渥美漁港に向かっていたら、前方の道路脇に、シルバーメタリックの軽ワンボックス車が、待ち伏せ・駐車していて、私が近づいて行くと、これ見よがしに、エマージェンシーライトを点滅させ始め、男が車から降りてきて、私の方を見た後、下に垂れた蓋が真っ赤で、本体の背面が白いタブレット型PCをかざして、三河湾を撮影する素振りを見せました。
 
 去年の夏頃に、我が家から比較的近い、
淡水湖の湖岸の公園の道路を車で通った時にも、人を雇って、私を待ち伏せさせ、上記の「仕草」と全く同じ、写真を盛んに撮る「仕草」をさせました。
 
 去年の夏頃の写真を盛んに撮る「仕草」は、「射しん」という意味で、爺の「やれ」、「やれ」と言うメッセージでしたが、今回の爺のメッセージは何なのか、考えるのも「バカらしい」です。
 
 なお、上記の「射しん」は、私が、我が家で、何度か呟いた独り言の、昔話の題名の「魔弾の射手、か」から、爺が捩ったメッセージです。
 
 爺の「たわいも無い」、「けち臭い」、人を使ったストーカー行為にはウンザリです。
 
 上記のような、爺の「たわいも無い」、「けち臭い」、人を使ったストーカー行為に、私が左右されるほど、私が精神病的な「超神経質」だと思っているのだろうか。
 
 「潔癖症・完璧主義」の私は、さまざまな外的な憂鬱の種の為に、憂鬱の酷い「鬱病」ではあっても、精神病という程ではなく、さまざまな外的な憂鬱の種が消失すれば、簡単に「鬱」から「陽」に変わってしまいます。
 
 渥美漁港から帰る途上も、爺は、行きに通った脇道の所々に、色に意味を持たせた車を駐車させ・待ち伏せさせましたが、私は、帰路は脇道を見下ろす国道(田原街道)を通り、それらの車を見下ろしながら、爺の「たわいも無い」、「けち臭い」、人を使ったストーカー行為に呆れ、一々、その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 渥美漁港から帰る途上の国道(田原街道)や県道にも、さまざまな服装の自転車やオートバイが、次々と現れましたが、その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 「白谷海浜公園」の手前に在る県道脇の墓地の入り口の所に、私が近づいて行くと、前方から来た車が、駐車場所ではないのに、墓地の入り口に無理やりに入り、車の全部を歩道に、はみ出させて車を停めて、墓参りをするでもなく、男が運転席から、私を見ていました。
 
 その車は、シルバーメタリックの軽自動車で、私の車と同じ車種で、私の車より一代古い車でした。
 
 その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 爺の「たわいも無い」、「けち臭い」、人を使ったストーカー行為にはウンザリです。
 
 帰り際に、自転車の走行距離が少ないので、「白谷海浜公園」の中の駐車場や歩道を、自転車で走り回っている間も、徐行したり駐車したりしながら、私を監視している車が有りました。
 
 帰り際に、「白谷海浜公園」の入り口に一番近い駐車場の、公園の入り口の交差点に一番近い位置に駐車した、私の車の後ろで、走行距離を表示したサイクルコンピューターを撮影していたら、直ぐ前の交差点に、車体に、さまざまな色を塗った、座席の後ろに高い背もたれの有る、暴走族風のオートバイ数台が停車して、盛んにエンジンを空ら吹かしして、けたたましい排気音を、辺りに響かせました。
 
 その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 豊橋バイパスのインターに向かう途上、信号待ちで、前に停まっている軽ワンボックス車を見ると、私にとっても、爺にとっても、非常に関係の有る「全国的に知名度のある会社名」の営業車であり、ナンバーの数字を見たら「88 00」で、偶然にしては「出来過ぎ」だと思い、車が走り出した後も、運転席の中年女はルームミラーで後方を見て、私を気にしてい、タイミング悪く信号が黄色になると、中年女は躊躇した様子をした後、信号で停止した私の車から、前方に走り去って行きました。
 
 偶然にしては「出来過ぎ」だと思いました。
 
 車での帰路の豊橋バイパスでは、前方から、対向車線を、三台の「黒ずくめ」のオートバイが接近・通過して行き、その内の一台のライダーは、70、80キロの速度が出ているにも係わらず、「自転車の立ち乗り」の様に、オートバイのステップ?に立ち上がって通過して行きました。
 
 70キロも、80キロも出ているオートバイに立ち乗りして走るとは。
 
 その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 爺は、上記のような、人を使った、「たわいも無い」、「けち臭い」ストーカー行為をする為に、大金を使って、カー用品店の責任者を買収して、「私の車に、またGPS発信機を仕掛けた」訳です。
 
 爺は、今日だけで、何人雇い、幾ら使ったのだろうか。
 

 
 本日(2月21日)の「自転車で無駄走り」にも、爺に雇われたアルバイトと思える「エキストラ」が、数十人現れました。
 
 「私が、渥美半島や蒲郡の方面に、自転車で無駄走りに行く」と予測しているであろう、詐欺師の爺の裏をかいて、先ずは、近場で一時間ほど早朝散歩をし、その際には、
爺には、もう、GPS発信機が無いので、車を見つけ出されませんでした。
 
 詐欺師の爺が、「私が、渥美半島や蒲郡の方面に、自転車で無駄走りに行く」と予測して、◎◎◎バイパスや豊橋バイパスなどの、要所、要所に人を配置して見張っていたのを、全て徒労に終わらせました。
 
 しかし、私が住む市の東端に在る大河川の東岸の河川敷に沿って、河川敷を南北に延びるサイクリングロードを、無駄走りする為に、交通量の多い堤防道路の上から丸見えの上に、周りに視界を遮る物が全く無い、河川敷に設けられているグラウンドの横の、「広っぱ」に車を置いたので、直ぐに車を見つけられてしまいました。
 
 詐欺師の爺は、インターネットのサイト上か、携帯電話のサイト上の、人を募集するサイトか掲示板で、「私の車や、私を見つけて知らせてくれた人」には、相当高額の報酬を支払うと、大々的に謳っているのではと思います。
 
 私の写真や、私の車の写真や車種、色、ナンバー、また、私が早朝散歩をする地域、車を置く場所などを、上記のサイト上に掲載して、懸賞金を掛けて、大々的に、私や、私の車を手配していると思います。
 
 「私の車や、私を見つけて知らせた人」には、一回に付いて、5万円、10万円程度?の報酬が支払われ、その懸賞金目当てで、数千人、数万人?の人が、私が住む地域で、目を皿のようにして生活しているのでは。
 
 私や、私の車は、通報一回について、5万円、10万円の懸賞首では。
 
 その証拠に、交通量の多い道路沿いを散歩したり、人目の多い場所に車を置くと、直ぐに爺に分かってしまい、爺による「人を使ったストーカー」が直ちに始まります。
 
 今日の自転車で無駄走りは、地元で、人手を確保するのが容易な為か、あるいは、爺が相当に追い詰められている為か、私が自転車で無駄走りしているサイクリングロードや、その周辺に、爺に雇われたアルバイトと思える「エキストラ」が30人ぐらい現れました。
 
 親子で、3家族、10人程のグループは、子供が一輪車を持ち、サイクリングロードの前方で待ち構えていて、その内の親の男性一人が、サイクリングロードを自転車で近づて行く私を、手で指し示して、「あの人だ」と、他の人々に教えていました。
 
 過去にも、河川敷を早朝散歩している時に、前方の堤防道路上に三人の人が現れ、その内の一人のオバサンが、徒歩で近づいて行く私を、手で指し示して、「あの人だ」と、他の人々に教えていました。
 
 今回も、全く同じ光景でした。
 
 私が進んで行くサイクリングロードの前方の脇で、右手に持った広帯域受信機(トランシーバーの積もり?)を、私に向かってかざし、「犬笛」を吹いているオジサンが居ましたが、仕草だけはハンターのようでしたが、普段着の上に、猟銃を持っていず、猟犬の姿も無く、また、「銃猟禁止区域」では、その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 私が進んで行くサイクリングロードの脇に、スズキの「エブリイ」を停めた家族が、別々の場所に、二組も居、その服装から、爺に雇われたアルバイトの「エキストラ」と思われ、爺の毎度の「メッセージ」で、「エブリイ=いつも通りだ」と強調したいようですが、爺には、もう、GPS発信機は無く、詐欺師の爺の張ったりだ。
 
 私が、河川敷の公園で写真を撮っている側に、トヨタの黄色い「アイキュー」に乗った、役所の人間のように見える、作業着姿の男性が現れ、公園の設備を点検する素振りをして、直ぐに立ち去りましたが、今日は土曜日で、役所は休みでは。
 
 私が写真を撮りながら、徐々に進んで行くサイクリングロードに、同じ自転車に乗った人が、何人か、何度も、行ったり来たりしていました。
 
 今日は、意味深の服装の「自転車乗り」が、妙に多かったです。
 
 一々、その意味やメッセージを推測するのもバカらしいです。
 
 爺の「たわいも無い」、「けち臭い」、人を使ったストーカー行為にはウンザリです。
 
 その他、一々、詳細に記載するのもバカらしいので、記載しませんが、今日だけで、30人ぐらいの人が、相当に潤い、皆さんとも、思わぬ「ボロ儲け」ができたので、「今日は、うな丼の特上でも取ろうか」、「今日は、特上のステーキでも食べに行こうか」と、上機嫌の一日だったのでは。
 

 
 2015年3月25日(水曜日)の「車で無駄走り」を例にすると、
 
 毎日、毎日、こんな調子であり、爺による、「大勢の人を使った、全体としての付きまとい」にはウンザリです。
 

 
 「家に放火するぞ」と、暗に脅迫し続けている
 
 
2014年12月14日(日曜日)の、自転車での無駄走りの際には、私が車を置いた堤防道路の脇の草地と、その北に続く堤防道路の河川敷の側の、土盛りによる堤防の斜面の草地に、何の異常も見られませんでした。
 
 2014年12月31日(大晦日)の、自転車での無駄走りの際には、私が車を置いた堤防道路の脇の草地、写真の白い車(私の車)の位置の、北側の、堤防道路の河川敷の側の、土盛りによる堤防の斜面の草地が、白い車の位置の30メートルほど北から、その北に向かって、100メートルほど、枯れ草火災で、斜面が、「斑に黒焦げになっていた」ので、また枯れ草火災が起きたら、車が燃えてしまうのではと、車を置くのを少し躊躇しましたが、白昼には放火しないだろうと、そのまま同じ、定位置に車を置いて、自転車での無駄走りをしました。
 
 余りにもタイミングがピッタリなので、爺、あるいは、爺が人を使った「放火」で、家に「放火するぞ」との脅迫では、と疑いました。
 
 爺は、これまでも、何度と無く、暗に、家に「放火するぞ」と脅迫し続けてきているので、大いに疑いを持っています。
 
 何の異常も無かった、2014年12月14日(日曜日)の、自転車での無駄走りと、堤防道路の河川敷の側の、土盛りによる堤防の斜面の草地が、枯れ草火災で、100メートルほどにも渡って、斜面が、「斑に黒焦げになっている」のを見て、車を置くのを少し躊躇した、2014年12月31日(大晦日)の、自転車での無駄走りとの間の期間に、枯れ草火災が発生していると思います。
 
 なお、枯れ草火災といっても、毎年、乗用型の草刈機で、堤防の斜面の草を、きれいに刈り取ってい、枯れた芝生が燃えて黒焦げになったような状態で、大した火災ではありませんが、それでも、消防自動車が出動して消火にあたった、と思いますので、消防署に記録が残っているのでは。
 
 2015年3月22日(日曜日)に、「いしやきいもー」、「いしやきいもー」、・・・・・と、拡声器で音声を流しながら、「焼き芋屋」が、我が家の周辺を回りましたが、過去に、我が家の周辺に、「焼き芋屋」が売りに来た事は一度無く、爺が、「焼き芋屋」を雇って、我が家の周辺を回らせた、「やったら、家に放火するぞ」という脅迫だと判断しています。
 
 現住建造物放火罪は、最高無期懲役、もし死者が出たら死刑では。
 
 もし、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と爺(加害者)が、人を使って、「我が家に放火して」、私(被害者)を焼死させたら、十数年にも渡って執拗にストーカーをしまくった挙句に、私(被害者)に裁判を起こされそうになって、己(加害者)の身に危険が及びそうになったら、人を使って、「我が家に放火して」、私(被害者)を焼死させたことになり、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と、爺(加害者)は「死刑」ではと思います。
 
 過去に、ストーカー殺人で、被害者が一人だけでも、加害者が「死刑」になった判例があると思います。
 
 私の場合、上記のケース以上に悪質であり、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と、爺(加害者)は「死刑」ではと思います。
 
静岡県警察本部や警察庁長官に出した書留郵便の受領証
 
警察
 
静岡県警察本部や警察庁長官に出した書留郵便の受領証
 
警察
 
 もし、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と爺(加害者)が、人を使って、「我が家に放火して」、私(被害者)を焼死させた時には、警察庁長官と静岡県警本部長には、責任を取って辞めて貰いたい。
 

 
 2015年2月10日の午後に、日系ブラジル人と思われる、白人顔の2人組の男の廃品回収業者が、家電製品や金属製の廃品を満載したトラックで、我が家に来て、我が家の庭に長年放置してある、「廃車の軽自動車」を無料で引き取りたいと申し出ました。
 
 相手が、「僕、ユニック(車載クレーン付きのトラック)持っているよ」、「車を引っ張って少し前に出して、ユニックで・・・」などと、「廃車の軽自動車」を無料で引き取りたいと、盛んに言いました。
 
 私が、「未だナンバーが付いているから、(廃車の)手続きが面倒そうだから、いいです」と断ると、相手は、「(廃車の)手続き、簡単よ」、「僕、手続きに付いていって挙げてもいいよ」、などと言い、ネジが錆付いて外れない「ナンバープレート」を、ディスクグラインダーを使って、ネジの頭を削り取って、車体から外してくれました。
 
 白人顔の2人組の男の内の、ボス格と子分格のように見える、二人は「ポルトガル語?」で盛んに、何か話していました。
 
 私が、「いつ頃、(廃車を引き取りに)来てもらえますか」と訊くと、相手は、「来週頃来ます」、「(廃車を)持って行く時、僕、(廃車の)書類も持って行きます」、と言いました。
 
 相手が帰った後、直ぐに、「軽自動車検査協会の支部」に、「廃車の手続き」に行きましたが、午後4時を過ぎていたので、廃車の手続きの受付時間を過ぎてい、翌日(2月11日)は祝日で、「軽自動車検査協会」は休みで、2月12日の手続きの受付開始時間の、直後に、廃車の手続きを済まし、「廃車登録」の証明書を発行して頂きました。
 
 翌週になっても、前記の廃品回収業者が、「廃車の軽自動車」を引取りに来ないので、前記の廃品回収業者は、爺に雇われていて、「できるだけ、私を家に留めておいて、私が『見に行かない』ようにする為の騙しだ」と判断し、前記の廃品回収業者を待つような事は一切せず、無視して、いつも通りに行動していました。
 
 上記の、「爺に因る騙し」には、「爺の、例の軽自動車を廃車にしたので、もう警察には、例の軽自動車の所有者は分からないよ」とのメッセージが込められているのかも知れませんが、「軽自動車検査協会」から、「廃車登録」の証明書が発行される以上、「軽自動車検査協会」や税務署、役所の税務課などのコンピュータに、「廃車登録」の情報が登録されているはずであり、「もう警察には、例の軽自動車の所有者は分からない」、と言うような事は無いと思います。
 
 爺の、例の軽自動車を廃車にしたので、もう警察には、例の軽自動車の所有者は分からないよ」との、爺のメッセージが込められているとしたら、「稚拙な騙し」であり、爺が本気で、例の軽自動車を廃車にしたので、「もう警察には、例の軽自動車の所有者は分からない」と思っているのであれば、爺は、本当に、「大バカ」です。
 
 3月13日に、前記の、日系ブラジル人と思われる、白人顔の2人組の廃品回収業者が、我が家に、また来て、「来週頃、引き取りに来ます」と言って、「廃車登録」の証明書のコピーを持って帰りましたが、爺に雇われた、「騙し」である事は明白であり、無視して、いつも通りに行動していました。
 
 来た際に、2人組の廃品回収業者は、「廃車」を、乗って来た軽トラで引っ張ってみたり、「廃車」の中から、靴などの不用品を出したり、窓ガラスを外したりと、「廃車」を持って行く下準備のような事をしましたが、私は、私を家にとどめて置く為の、「騙し」だと思いました。
 
 上記の際に、外人の内のボス格の男が、私の前で、どこかに、携帯電話で電話をして、会話をし、会話の中で、「ヒクマ」と言う町名が出たので、
 
 爺による、「日系ブラジル人などの外人を使って、家に放火するぞ」という「脅迫」だと思いました。
 
 なお、その時は気付きませんでしたが、外人の内のボス格の男が、「電話、消しちゃったよ。番号は」と私に電話番号を訊いたのも、
 
 爺による、「日系ブラジル人などの外人を使って、消す(殺す)ぞ」という「脅迫」かも知れません。
 
 多分、前記の、日系ブラジル人と思われる、2人組の男の廃品回収業者は、爺から大金を貰って、相当に儲かったので、重量が軽くて、鉄屑として幾らにもならない、「軽自動車の廃車」を引き取りに来ないと思いますが、我が家の敷地は、相当に広いので一向に構いませんし、廃車の手続きを済ましたので、もう「軽自動車税」も来ません。
 
 多分、前記の、日系ブラジル人と思われる、2人組の男の廃品回収業者は、ユニック(車載クレーン付きのトラック)を持っていず、ユニック(車載クレーン付きのトラック)を借りたら大赤字だと思います。
 

 
 爺は、私が車で、早朝散歩の後や、昼食後に、我が家から西方に出掛けるのを非常に警戒しています。
 
 爺は、私が車で、我が家から西方の地域に沢山在る、ある銀行のATMコーナーに、「見に行く」のを、非常に警戒してい、
大勢の人を雇って、さまざまな道路に、それらの人や自転車乗り、車を配置して、私が、ある銀行のATMコーナーに、「見に行こうとする意志」を、「挫こう、挫こう」としています。
 
 我が家から、住宅街の中の道路を通って、車で西方に向かうルートは、主に、4つのルートが在り、その、いずれのルートを通っても、爺に雇われた「アルバイト」の、人や自転車乗り、車が待ち構えてい、特に、県道沿いや、国道沿いには、何人もの「アルバイト」を配置して待ち構えています。
 
 爺に雇われて、待ち構えている自転車乗りは、単独とは限らず、二、三人のグループの場合が多いです。
 
 上記の「大勢の人を使った、全体としての、付きまとい」の為に、爺は、毎日10人以上の人を雇っていると推測され、私が進む進路が判明したら、更に、追加で、私が進む進路の先の地域にいる人を、「緊急雇用」しているようです。
 
 爺は、昼夜を問わず、四六時中、我が家の生活音を、盗聴器でリアルタイムで聴いていて、常に私の行動を監視してい、私が外出する為に、我が家に幾つも設置してある、防犯チャイムの電源を入れ、防犯チャイムの動作確認のチャイム音が鳴り出し、勝手口のドアに沢山の錠をし始めた段階で、私が外出することを察知して、予め待機させている、前記の10人以上の人に、携帯メールなどで、「行動開始」を指示しているのでは。
 
 人が銀行のATMコーナーに、「見に行く」のを阻止する為に、連日、10人以上の人を雇って、それらの人々を動員して、「全体としての、付きまとい」を執拗に繰り返すとは、前代未聞では。
 

 
 「殺すぞ」と、暗に脅迫し続けている
 
 
『k社』の社長の妾の息子は、私のパソコンに、スパイソフトのようなソフトを仕掛けていて、私のパソコンと同じ画面を表示させて、私のインターネット接続を監視したり、私のパソコンのソフトの設定を勝手に変えたり、私のパソコンのファイルを勝手に操作したりしています。
 
 過去に、『k社』の社長の妾の息子は、楽天銀行の、「私の、楽天銀行のログインID」に不正にアクセスして、楽天銀行に登録している、「私が、口座にログインする際に使う『IPアドレス』を変えて」、私が、楽天銀行の、「私のネット口座」にログイン出来ないようにし、私が「ネット通販のネット支払い」を出来ないようにしました。
 
 楽天銀行の、「私のネット口座」にログイン出来ないことが判明した直後に、「楽天銀行の問い合わせ窓口」に、テキスト入力による対話形式の、「チャット」で問い合わせたら、「口座にログインする際に使う『IPアドレス』」を三つまで登録出来ます」との事で、「私の、楽天銀行のログインID」にログインして、「口座にログインする際に使う『IPアドレス』」を確認してみたら、私が相当過去に使っていたプロバイダの、『IPアドレス』が選択されていたので、私が現在使っているプロバイダの、『IPアドレス』を選択して、元通りに、楽天銀行の、「私のネット口座」にログイン出来るようにしました。
 
 私は、前記を警戒して、上記の口座の残高を少なめにしています。
 
 多分、『k社』の社長の妾の息子は、楽天銀行の、「私のネット口座」に不正アクセスして、私の口座から金を盗み取る事も可能だと思いますが、もし、楽天銀行の、「私のネット口座」から金を盗んだら、小額でも犯罪である事は明白であり、直ちに、楽天銀行や警察に通報します。
 
 明らかに、「犯罪である事」が明白であれば、楽天銀行や警察は放置できないと思います。
 
 「私に成り済まして」、口座に不正にログインした際の、「ログ」という「アクセス情報」が、全て、銀行のコンピュータに保存されていると思います。
 
  もっとも、「プロの泥棒」を自認していて、『k社』から億単位の金を、密かに盗み取っている『k社』の社長の妾の息子は、私の口座の「はした金」には、何の興味も無いと思いますが。
 
 『k社』の社長の妾の息子は、私のパソコンの「Webブラウザ」の「Cookie」を操作して、私が「Webブラウザ」を使って、さまざまなサイトを見ると、そのWebページに貼り付けられている広告スペースに、ネット上の、さまざまな悪意をもたせた広告を選んで、自由自在に表示させてい、私が「Webブラウザ」で見ている、Webページの広告スペースに、『k社』の社長の妾の息子が、意図的に選んで表示させている「広告」によると、「殺し屋」を雇って、私を殺害する報酬は「800万円」のようです。
 
 爺も、「殺すぞ」と、暗に脅迫し続けています。
 
 もし、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と爺(加害者)が、「殺し屋」を雇って、私(被害者)を殺害したら、十数年にも渡って執拗にストーカーをしまくった挙句に、私(被害者)に裁判を起こされそうになって、己(加害者)の身に危険が及びそうになったら、殺し屋を雇って、私(被害者)を殺害したことになり、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と、爺(加害者)は「死刑」ではと思います。
 
 過去に、ストーカー殺人で、被害者が一人だけでも、加害者が「死刑」になった判例があると思います。
 
 私の場合、上記のケース以上に悪質であり、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と、爺(加害者)は「死刑」ではと思います。
 
 
静岡県警察本部や警察庁長官に出した書留郵便の受領証
 
警察
 
静岡県警察本部や警察庁長官に出した書留郵便の受領証
 
警察
 
 もし、『k社』の社長の妾の息子(加害者)と爺(加害者)が、「殺し屋」を雇って、私(被害者)を殺害した時には、警察庁長官と静岡県警本部長には、責任を取って辞めて貰いたい。
 
 
 
このホームページ全体の目次