このようなページを制作しましたが、残念ながら、寄付は全く無かったです。
 2015年3月31日に確認しましたが、間違いなく、寄付は全く無かったです。
 寄付金を振り込んだと言う方がいたら、警察に相談する事を大いに歓迎します。
 
自転車で無駄走り
徒労に終わった、執拗な「人を使った付きまとい」と「脅迫」
 
車で無駄走り・徒労に終わった、執拗な「人を使った付きまとい」と「脅迫」
 
 豊橋港の神野埠頭の北方に在る、総合運動場の更に北方に在る、豊川市の三河臨海緑地を自転車で、ゆっくりと見て回る事にしました。
 
 豊川市の三河臨海緑地の第三ブロック(日本列島)駐車場まで、車に20インチの「折りたたみ式の自転車」を積んで行って、そこから、三河臨海緑地の「日本列島」や、その周辺を自転車で無駄走りしてみます。
 
 錨の装飾の付いた道路灯は特注品だろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 車上荒らしの心配の全く無い、周りの車から丸見えの駐車場に車を置いて、先ずは、三河臨海緑地の西側に在る企業団地の南端に、自転車で行ってみます。
 
自転車で無駄走り
 
 先ず、三河臨海緑地の西側に在る企業団地の北端の、湾岸沿いの道路の歩道を西進します。
 
 西方の西浦半島の、西浦温泉から、東に向かって、三河大島、竹島、蒲郡温泉(三谷温泉)、ラグーナ蒲郡と、三河湾の北岸を一望できます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の中の道路の歩道を南進したら、企業団地の南端には、湾岸沿いに細長い公園が在りました。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の南端から、南方を見ると、豊橋港の東の端の方に在る造船所を望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 豊橋港の東の端の方に在る造船所の西には、トヨタの田原工場の埠頭に停泊している、建物のように高さのある自動車運搬船を望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の南端から、南方を見ると、トヨタの田原工場の周辺に、沢山立っている風力発電施設を望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河湾沿いに在る自動車関連の工場の背後に、高さ250メートル程の蔵王山を望め、山頂に蔵王山展望台と、展望台の駐車場の脇に立っている、定格発電量300キロワットの風力発電施設を望めます。
 
 蔵王山の手前の左手の山は、高さ80メートル程?の笠山で、過去に、笠山の頂上まで続いている石段を、徒歩で登って、頂上まで行ってみましたが、頂上に「雷(いかずち)神社」の小さな社が在り、頂上の北側にベンチが設けられていますので、ゆっくりと三河湾を一望できます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河湾沿いに在る自動車関連の工場の西方には、三河湾に浮かぶ姫島を望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の南端に在る、湾岸沿いに延びる細長い公園を西進し、南西の端から西方を見ると、西浦半島を望め、半島の先端に立っている、西浦温泉の観光ホテルを望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の西端の道路の歩道を北進し、中ほどの湾岸から西方を見ると、対岸の蒲郡の市街地の沖に浮かぶ、「三河大島」、その南側に「小島」を望めます。
 
 ロードマップで見ると、「小島」の近くに、「仏島」という島、あるいは、岩が在るようですが、写真では確認できませんが、双眼鏡で見れば確認できるのかも知れません。
 
自転車で無駄走り
 
 蒲郡の市街地の沖に浮かぶ、「三河大島」の直ぐ右手には、蒲郡の市街地の直ぐ前の海に浮かぶ、「竹島」を望めます。
 
 竹島の手前の陸には、竹島水族館や海水浴場、竹島桟橋が在り、蒲郡駅の直ぐ近くに在る橋を渡って、手軽に行ける観光地の島のようです。
 
自転車で無駄走り
 
 蒲郡の市街地の東には、蒲郡温泉(三谷温泉)に並び立っている観光ホテルを望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の西端の中ほどの、湾岸から南方を見ると、前方の対岸に、豊橋港を望めます。
 
 なお、この道路は、「陥没の恐れがある」との理由で、通行禁止になっていました。
 
 道路を見渡した限りでは、陥没した箇所は一箇所も見られず、道路にガードレールが無く、車や人が、岸沿いに護岸として設置して有る、テトラポッドの上に転落する危険が有るからでは。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の西端の中ほどの、湾岸から北方を見ると、対岸にラグーナ蒲郡や高層マンションを望めます。
 
 ラグーナ蒲郡の一部として並び立っている?、高層マンションの上階に住んだら、常に、雄大な三河湾を一望できて楽しそうです。
 
 なお、この道路は「陥没の恐れがある」との理由で、通行禁止になっていました。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の西側に在る、企業団地の北端の、湾岸から北方を見ると、ラグーナ蒲郡を望めます。
 
 ちなみに、写真は光学14倍ズームです。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の第三ブロック(日本列島)の駐車場の所まで戻って来て、「日本列島」に渡る橋の上から、駐車場の南方を見ると、駐車場や緑地を望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 「日本列島」に渡る橋の上から、橋を渡った南側に在る「日本列島」を見ても、高所ではないので、「日本列島」の全容は分かりません。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の「日本列島」の説明の表示板です。
 
自転車で無駄走り
 
 「日本列島」の入り口に在る門です。
 
 門の上に鎖が張られてい、吊橋をイメージしているのだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 門をくぐると西日本で、一番北側から沖縄、九州、・・・でした。
 
自転車で無駄走り
 
 一番南の端に在る北海道から、別のブロックの緑地に渡る吊橋です。
 
 上に吊橋が架かる広い水路?に、大きな石を沢山積み上げて、堤防のようにしてあります。
 
自転車で無駄走り
 
 吊橋の下を通して西方のブロックを見ると、大きな石を沢山積み上げて、護岸のようにしてあります。
 
自転車で無駄走り
 
 吊橋の袂から、「日本列島」の在るブロックの緑地の東岸を見ると、大きな石を沢山、規則正しく積み上げて、護岸のようにしてあります。
 
自転車で無駄走り
 
 吊橋の西側から、「日本列島」の在るブロックの緑地の西岸を見ると、大きな石を沢山、規則正しく積み上げて、護岸のようにしてあります。
 
自転車で無駄走り
 
 西方に、企業団地の中の、ある企業の敷地に立っている風力発電施設を望めます。
 
自転車で無駄走り
 
 吊橋を渡って、吊橋を南側から見ると。
 
自転車で無駄走り
 
 吊橋を渡った先には、広いグラウンドが二箇所在りました。
 
自転車で無駄走り
 
 
自転車で無駄走り
 
 別のブロックの駐車場の脇の歩道を通って、その先の道路の下のトンネルを抜けると、別のブロックの緑地が広がっていました。
 
 緑地の西南の端まで行き、戻る途上、広々とした広場が在りました。
 
自転車で無駄走り
 
 上記の広場の北側に広がる、別の広場です。
 
自転車で無駄走り
 
 緑地が広大なので、一回で緑地全体を見て回るのには、自転車が最適でした。
 
自転車で無駄走り
 
 吊橋を渡って戻って来て、広い水路?を挟んで、「日本列島」の在るブロックの緑地の、西側の緑地の南の端の方に来ました。
 
 大きな石を沢山置いて、何かを表現しているのだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 大きな石を沢山置いて、何かを表現しているのだろうかと思える所から、対岸の「日本列島」の在るブロックの緑地を見ると、対岸にも、大きな石を沢山使って、護岸のようにしてあります。
 
 この緑地には、大きな石が豊富に使われてい、近くに石の産地があるのだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 過去に撮った写真ですが、蔵王山の中腹の展望台から、眼下に、露天掘りの石灰石鉱山を望め、他にも、蔵王山の麓に、露天掘りの石灰石鉱山が在り、蔵王山の北麓でも、露天掘りで岩石を採掘していますので、セメントや工業資材、農業資材などの原料に使えない、純度の低い、岩石として利用する石灰石を、三河臨海緑地では使っているのだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 さまざまな品種の、桜の木が沢山植えられています。
 
自転車で無駄走り
 
 桜の花の蕾が膨らみかけている、蕾の色の濃い桜の木が有りました。
 
 私が住む地域では、早咲きの「八重桜」は、既に、満開の時期を過ぎていますので、この桜は、その次の時期の、早咲きの桜だろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の周辺を、自転車で無駄走りしてみることにし、広い水路?を挟んだ東側の、堤防の下の広い道路?を南進してみました。
 
 堤防の下の広い道路?を進んだ先は、船着場のようになっていて、行き止まりでした。
 
自転車で無駄走り
 
 広い水路?を挟んで、右手は、「日本列島」の在るブロックの緑地で、前方は、吊橋を渡った先に在る、別のブロックの緑地です。
 
自転車で無駄走り
 
 堤防の下の道路?だけでなく、堤防の上の道路も走り回った後、三河湾に注ぐ川の土手の上の道路や、田園地帯を、自転車で無駄走りしてみました。
 
自転車で無駄走り
 
 田園地帯を、自転車で走っていたら、どこかで見た事の有る少女がいました。
 
 マスコットガールは忙しいのだろうか。
 
 新幹線の方を向いていますが、高速で通過する新幹線の乗客に見て貰えるのだろうか。
 
 近くに、「蒲郡みかん」という「ブランドみかん」がありますが、このような、ライバル?の近くにいても良いのでしょうか。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の、「日本列島」に戻る橋の上から、広い水路?を見たら、引き潮で現れた瀬の表面を、牡蠣や牡蠣殻が一面に埋め尽くしていました。
 
自転車で無駄走り
 
 午後の二時、三時頃が干潮の日が、最も潮が引き、更に瀬が広がり、潮干狩りをしている人が、ちらほらいます。
 
 ここには、アサリの漁業権(入会権)は無いようで、誰でも、潮干狩りを自由にできそうですが、瀬を、牡蠣や牡蠣殻が一面に埋め尽くしていて、アサリを掘り採るのが大変そうです。
 
 アサリ採りではなく、牡蠣拾いをしてはどうだろうか。
 
 ここの瀬と同じように、瀬の表面を、牡蠣や牡蠣殻が一面に埋め尽くしている瀬が、三河港大橋の北方の堤防の北端の、堤防の下の湾岸に在り、早春のある時期に、大勢の人が牡蠣拾いをしてい、皆さん、「プラフネ」や「コンテナ」、「バケツ」などが一杯になるほど、沢山の牡蠣を拾っていましたが、「入会権」が在るようで、「入会権」を持っている、近くの特定の住人しか、牡蠣拾いをできないように見えました。
 
 牡蠣拾いをしている人々の、ほとんどが、農家の「白い軽トラ」で来ていましたので、近所の「入会権」を持っている農家の人しか、牡蠣拾いをできないのでは。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の「日本列島」に戻り、「日本列島」を、ゆっくりと見て回りました。
 
 県花が彫り込まれた絵タイルです。
 
自転車で無駄走り
 
 県花が彫り込まれた絵タイルです。
 
自転車で無駄走り
 
 都花が彫り込まれた絵タイルです。
 
自転車で無駄走り
 
 山形県の所に、将棋の駒のベンチが設置してありました。
 
 将棋の駒の産地として、山形県の天童市が有名だからだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 全ての都道府県ではありませんが、都道府県に因んだ石碑が立っていました。
 
自転車で無駄走り
 
 四国の愛媛県の所に、ミカンのベンチが設置してありました。
 
 形状からして、ミカンの品種は、「伊予柑」だろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 四国の高知県の所に設置して有るベンチです。
 
 高知県に在る、有名な橋をイメージしているのだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 兵庫県の所に立っている時計台です。
 
 兵庫県の明石市に、「日本標準時子午線」の標識が在るからだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 京都府の所に立っている、藤棚のようにも見える東屋?です。
 
 京都府に在る、有名な橋か、建物をイメージしているのだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 青森県の所に、リンゴのベンチが設置してありました。
 
 中心に立っているものは、リンゴの木をイメージしたものだろうか。
 
自転車で無駄走り
 
 静岡県の所の奥に、山頂に、雪を頂いた富士山が、そびえ立っていました。
 
自転車で無駄走り
 
 三河臨海緑地の「日本列島」は、知的で、なかなか面白いです。
 
 車を置いた駐車場まで戻って、自転車の走行距離は26,38キロメートルでした。
 
自転車で無駄走り