このホームページは基本の文字サイズを110%に設定しています。もし、文字が大き過ぎたり小さ過ぎたりしましたら、ブラウザで調節して見て下さい。「Internet Explorer」→「表示」→「拡大」。「Google Chrome」→「右端上の設定ボタン」→「拡大/縮小」。「Mozilla Firefox」→「表示」→「ズーム」→「拡大/縮小」。
 
 
 書留・特定記録郵便物等受領証の画像+何度もの予告
  (2017年11月25日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年2月17日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年7月21日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年9月15日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2018年11月14日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2019年1月22日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (警察庁と法務省が裏で結託した前代未聞の疑惑について記載した手紙)
  (2019年2月16日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (2019年2月16日に、総理大臣様や各政党の代表様に出させて頂いた書留郵便です)
  (警察庁と法務省、国土交通省が裏で結託した前代未聞の疑惑について記載した手紙を、まもなく出します)
   
心の美しい民族
 
 
 
 
 私と、私のホームページ(米国で民事訴訟)は、17年前から、日本中のテレビやラジオ、新聞などのマスコミが注目しているだけでなく、テレビやラジオ、新聞などのマスコミと関わりの有る人で、私を知らない人は居ないぐらい有名になってい、それらの人々が17年にも渡って、テレビ画面やラジオ、新聞紙面などを通じて、日本中から私を応援し続けて下さっています。
 
 その17年にも渡る夢のような体験を再構成して、長編の小説を順次記載していきます。
 
 この小説に登場する人物や団体などは、全て架空であり、実在する個人や団体とは一切関係ありません。
 
 
 小説「心の美しい民族」の概略
 
 
目次
 
 
 第1話 私は発明家
 第2話 世界にも例を見ないような荒らし屋との遭遇
 第3話 荒らし屋の正体
 第3話 荒らし屋は米国子会社を持つ企業の社長の妾の子
 第5話 テレビとの出会いの始まり
 第6話 テレビとの出会いの急速な拡大
 第7話 ・・・
 第8話 ・・・
 第9話 ・・・
 第10話 ・・・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
 第80話 ・・・
 
 
 
  後書き
 
  テレビのCMや番組などを私物化している人々
 
 
 
 
 
 
正義が重んじられている米国で民事訴訟
上のリンクのホームページは、
長年に渡って加害者に不正アクセスされています
ひび割れガラス球照明技術
 
 
「米国で民事訴訟」を応援して下さる方は、リンクを張って下さい